相性が良い食品

ラクトフェリンは体の守護神の源!上手に摂って健康になろう

投稿日:

ラクトフェリンとは?ラクトフェリンについて知ろう

ラクトフェリンは、哺乳動物の母乳に含まれており、特にヒトの母乳の含有量が高い成分です。

哺乳動物はお母さんのお腹から赤ちゃんが出てきますが、その瞬間から、その赤ちゃんの周囲には病原菌やウイルスがいっぱいです。

赤ちゃんの唯一の食事となる、母乳の中に含まれているラクトフェリンには、病原菌やウイルス感染の危険から赤ちゃんを守ってくれるの成分が含まれているのです。

母乳の中でも初乳と呼ばれる、産後数日間の母乳は特にラクトフェリンの含有量が多く、生まれたばかりの赤ちゃんを外敵からしっかりと守ります。

また、近年の研究でラクトフェリンには抗菌作用の他にも、様々な効果があることが分かってきました。

ラクトフェリンの働きにはどのようなものがあるのか、紹介していきますね。

ラクトフェリンが持つすごい効果、効能

ラクトフェリンは生まれたばかりの赤ちゃんだけでなく、それ以外の人にとっても重要なものです。

ラクトフェリンは母乳以外でも、鼻汁や唾液、そして涙や白血球などからも分泌されるんです。

外部と接触しやすい部分や病原体が侵入するような部分において、重要な役割を果たすのです。

腸内環境を良くする

ラクトフェリンには腸内環境を改善する働きがあります。

悪玉菌の多くは、その成長・増殖に鉄を必要とします。

ところが鉄と結びつきやすいラクトフェリンは、悪玉菌の成長に必要な鉄を奪ってしまいます。

そのため、悪玉菌が生育できず、増殖を抑制されてしまうのです。

しかし、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、生育に鉄をあまり必要としないので、ラクトフェリンがあっても、特に問題はありません。

むしろ、ラクトフェリンによって、腸内の善玉菌は増えるという実験結果があります。

ラクトフェリンはヒトに害を与える悪玉菌の生育は抑えて、腸内の善玉菌を増やす働きがあるのです。

抗菌、抗ウイルス作用

抗菌、抗ウイルス作用があることもラクトフェリンの特徴です。

ノロウイルスの発症予防、ピロリ菌の抑制、風邪の発症予防、口臭の改善、歯周病の改善などから体を守る働きがあります。

免疫力回復効果

ラクトフェリンは、私たちの体の中にある免疫細胞のナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化させる働きがあります。

ナチュラルキラー細胞は、体内にできたがん細胞やウイルス感染した細胞を発見し、攻撃、破壊する働きがあります。

ナチュラルキラー細胞を活性化させることで、免疫力をアップさせる働きがあるのです。

ラクトフェリンを効率良く摂れるサプリがおすすめ

赤ちゃんのみならず、大人の体の健康にもとても役に立つラクトフェリンですが、効率良くに摂るためにはどのようにしたら良いのでしょうか。

ラクトフェリンは熱に弱いので、実は、熱で殺菌した牛乳などの乳製品では摂りにくいです。

ですから摂取したい場合にはラクトフェリン配合サプリメントやラクトフェリン添加のヨーグルトなどを食べると良いでしょう。

ラクトフェリンに副作用はあるの?

直接的な副作用は特にありませんが、牛乳にアレルギーを持っている人は控えた方が良いでしょう。

摂取して異常を感じたらすぐに服用を止め、医師に相談して下さい。

ラクトフェリンは多くの人にとって重要なもの

赤ちゃん以外でも、ラクトフェリンは多くの人にとって重要なものです。

私たちの体を守り、丈夫に、元気にする力強い味方です。

上手に活用したいですね。

人気乳酸菌サプリランキング TOP

-相性が良い食品

Copyright© 人気乳酸菌サプリランキング2018 www.aapcweb.org【積極的に摂りたい!口コミでおすすめ!】 , 2018 All Rights Reserved.